外国人の労働在留資格「特定技能」を分かりやすく説明

2019年4月、日本で働く外国人がもっと働きやすくなるように、在留資格『特定技能』が追加されることとなりました。

特定技能って何だ?耳慣れないことば!と思う方も多いでしょうが、大まかに言えば外国の方が、さらに日本で働きやすくなる制度がはじまるということです。

今まで日本で働く外国人は留学生や医師など、働ける人材は限られていました。

「特定技能」は1号と2号とあり、その違いについてお伝えしていきましょう!

特定技能1号

特定技能1号というのは、飲食業や介護などの職業に当てはまります。

以下の14業種です。

 

技能水準としては、即戦力となりうる人材として必要な知識が必要とされています。

特定技能の試験に関しては、日本語能力判断テスト、日本語能力試験、技能実習などがあるとの事ですが、現時点ではまだ内容が分かっておりません。

介護を考えておられる方のみ、初期は特定技能1号で扱われますが、介護の資格を3年以上継続した場合、在留資格の『介護』に移行する事が可能です!

ちなみに特定技能1号を取得された方は、最長で5年間日本での労働が認められています。

ただ当人のみで家族滞在の在留資格は取得できませんので、気をつけて下さいね。

特定技能2号

最も人手不足が多いとされている建設業、造船、自動車整備業、航空業、宿泊業などの5種類が該当とされています。

上記5種類は元々特定技能1号に組み込まれているものですが、より条件が良くなると考えておきましょう。

ただしこちらは2019年4月からすぐに試験が受けられるというものではなく、現時点では2021年に試験を開始する予定です。

職業が5種類のみとなりますが、特定技能2号では家族の在留資格を得る事が出来ますよ!

在留期間に関しては、素行が善良である事や技能を習得しているなどの条件を満たされた場合、永住申請も可能となります!

素行が善良であるというのは分かりにくいと思いますが、罰金刑や犯罪を犯していない人物だと思って下さいませ。

普通に生活をしていれば、特に問題はないという事になります。

今後のながれに注目!

当面は特定技能が受けられるのは、中国、ベトナム、タイ、フィリピンなどを含む9国のみとされています。

特定技能は特定技能評価試験と呼ばれる試験を受けなければなりませんのげ、日にちにはご注意下さい。

詳しい日程はまだ何とも言えませんが、2019年4月は宿泊業や介護や飲食業とされてます。

10月以降はその他の11種を実施される予定ですので、開始日は必ずチェックしておいて下さいね!

ジョブパワーができること

ジョブパワーは、「九州 外国人材紹介ステーション |Konnichiwa★Job Station」という、外国人雇用の情報センターを、九州北部、北九州市小倉にも近い、苅田(かんだ)に設営いたしました。

お近くの、外国人を雇用したい企業の方、外国人歓迎のおしごとをお探しの方。

ぜひ(まずお電話の上!)お気軽にお越しください!

お電話番号は担当直通ダイヤル 080-8584-9463

 

 

Share! if you like!