日本で働こう!「日本の病院事情」

日本と自国の文化の違いを知っていこう!

 

いざというときに困るのがケガ、病気に際に行くことになる、病院のルールの違い。

病院に関して他国との違いを知らないという方結構多いかと思います。

結構医療に関しては国民性が出ているものもあり、治療方針が国によって相当異なります。

緊急時日本で病院を受診される場合は、こういう事があるんだと認識して頂ければありがたいです。

文化の違いはあるものですが、特に体調が悪い際は不安が増してしまいますからね。

 

日本の医療には健康保険システムがあり、在住者には減額される。

日本には、「健康保険」システムがあり、普通のお医者さんでの診察、治療、薬は、ほぼ保険が効きます。

旅行者の方は月額で払う、健康保険に入っていないので、病院に行くと全額払わないといけません。

お薬や処置は高額になることがあります。

 

旅行保険等に入っていくと無難でしょう。

 

健康保険

日本の健康保険の代表的なものは、「国民健康保険」と、ほとんどの会社員が入っている「健康保険(社会保険)」の2種類。(※ほかにもあります)

国民保健は全額自己負担で保険料を払いますが、健康保険(社会保険)は、半額を会社が負担してくれます。

 

家族の稼ぎ頭の方、たとえばお父さんが入っていて、その扶養家族であれば、お父さんの健康保険に入ることになります。

 

外国人の方でも日本の企業で、フルで働く場合は、「健康保険(社会保険)」に入ることになります。

毎月給料から「天引き(給料から、その分引いて振込み)」されます。

月々保険料を払いながら、実際に病院に行ったら、3割は自己負担で払いますが、7割は保険からお金が出ます。

先進医療や自由診療の治療や薬は、10割負担の場合もあります。

そういった場合は、お医者さんが教えてくれるので、ほぼ安心して治療を受けて大丈夫だと思います。

 

日本の治療

日本のお医者さんはだいたい丁寧に診てくれます。

日本の医療機関は、患者への思いやりであるホスピタリティを重視としているため、嫌な顔をするような医師や医療従事者はいません。

そんな事をすれば大問題になりますからね。

大病院はとっても混んでいて待たされるし、忙しいからとお医者さんも早口になる事もあるのですが、ちゃんと診察をしてくれるので安心して下さいませ。

大病院は紹介状がないと、診療が受けられないこともありますのでご注意を。紹介状なしの場合に4~6000円ほど払わないといけないこともあります。

病院に直接電話して聞くのが早いです。

 

下痢の時には?

日本では下痢嘔吐などで脱水症状になった際は、点滴をします。

日本人からしてみれば当たり前なのですが、実は点滴は当たり前ではないようですね。

日本生まれの韓国の友達がいるのですが、友達が韓国で病院を受診した際点滴をされなかったと教えてくれました。

韓国以外の他の国もあるそうですが、点滴ではなく注射で済ますそうです。

国柄なのか速攻性を求めるようで、点滴など時間がかかるものはあり得ないという事でした。

 

友達が注射を受ける際、ベッドに横にさせられお尻にでっかい注射をされて悲鳴を上げたという話を聞きましたが、日本ではありえません。

注射は普通にありますがしんどい時は点滴が基本であるため、注射をしてくれと言っても無理と言う所が多いと思って下さい。

 

日本の薬

以前ニュースでやっていましたが、中国の方は日本の薬を爆買いされるという事が多かったです。

日本の薬は効くと言う考えによって、ドラッグストアなどで販売されている薬を購入されているようですね。

 

確かに頭痛や解熱などの鎮痛作用のあるものであれば、ドラッグストアに販売されている薬でも大丈夫です。

ただし日本の薬が効くというのは半分正解ですが、半分は間違っています。

何故半分間違っているのかというと、症状によっては効き目がないからです。

まあ、それはどこの国でも一緒かもしれません。

 

 

中国では病院にかかりたくない方が多いとされています。

確かに日本でも病院にかかりたくない方はいますが、症状によってはそうもいきません。

病院にかかるのが面倒くさいからと言って自己判断され、薬を適当に飲む方もいるでしょう。

これは非常に危険とされており、症状によっては体調不良を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

どの薬も速攻性はありませんが、日本の薬は医師がこの病気だと診断した結果で処方されているため、手っ取り早く治したいのであれば病院に行きましょう。

 

→外国人材紹介ステーションのフェイスブック:

→外国人材紹介ステーションのウェブサイト:

 

Share! if you like!